CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<Back 2020年04月 Next>>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
■ 奥脇という名前の由来
└ s.okuaki(02/27)
└ hide okuwaki(11/23)
■ ブログを引越しします。
└ okugaku(03/07)
└ yurika(03/05)
└ OFFICE DOYU (03/03)
RECENT TRACKBACK
■ 岸和田観光農園(いちご狩り)
└ 現役栄養士のお仕事日記(04/25)
■ やっと終わった
└ MY Favorite Things(03/19)
■ PDA版にのりかえ
└ 大阪でWEBサイトをプロデュースするということ(01/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
■ okugaku(2088)
POWERED BY
script by Blogn+
skin by vivid*face
OTHER
■ RSS 1.0
■ 処理時間 6.633798秒
SEARCH
体重計

発達障がいの個別支援
今日、晩に発達障がいをもつ子供の家庭教師をしている人と会食しました。

発達障がいの子供たちや親たちをいろいろ見ているが、やはり統一的な支援というよりは、一人一人の個別支援というのを重要視して体制を何とか築けないかなというようなことを模索されているようでした。

私も同じような意見で、やはり一人一人に合わせた支援を個別に考えていく体制作りや人たちが必要だろうなという事は支援されている人たちを見ていると特に思ったりしています。

一人一人の特性をきちんと理解して、そしてどのように支援するのか?これは東京学芸大学の上野先生が言っていた「障がいとは、理解と支援を必要とする個性」ということに繋がるのではないかと、そう思っています。

特別支援教育、個別支援計画、などなど、いろいろと活用しながらも一人一人に応じた対応と支援をする必要があるんだろうなというのを、再認識しました。

| もろもろ::障がいをもつ人 | 11:40 PM | comments (0) | trackback (x) |

  PAGETOP