CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<Back 2020年04月 Next>>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
■ 奥脇という名前の由来
└ s.okuaki(02/27)
└ hide okuwaki(11/23)
■ ブログを引越しします。
└ okugaku(03/07)
└ yurika(03/05)
└ OFFICE DOYU (03/03)
RECENT TRACKBACK
■ 岸和田観光農園(いちご狩り)
└ 現役栄養士のお仕事日記(04/25)
■ やっと終わった
└ MY Favorite Things(03/19)
■ PDA版にのりかえ
└ 大阪でWEBサイトをプロデュースするということ(01/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
■ okugaku(2088)
POWERED BY
script by Blogn+
skin by vivid*face
OTHER
■ RSS 1.0
■ 処理時間 6.607553秒
SEARCH
体重計

夜と霧
最近、こんな本を読みました。
夜と霧 新版
夜と霧 新版 
ヴィクトール・E・フランクル
発売元:みすず書房


心理学者のV.Eフランクルがアウシュビィッツの強制収容所に入れられたときの体験を書いたもので、「7つの習慣」の主体性を発揮する部分の説明で出てきていたので、どんなものかと読んでみました。

映画の「夜と霧」は見ていたのですが、強制収容所のドキュメンタリーって感じでこんなこともあったんだなーって感じだったんですが、本の「夜と霧」はすごく重たい。

まさに想像が出来ない・・・・。言葉(文章)がこんなに重たいものだとは・・・・。

たんたんと強制収容所の体験から、自分が感じたこと、人間としてのありよう、過酷な環境の中で人間が人間たることを真摯に考えられているこの本。

考えさせられたというより、信じられない、考えたことが無い、そんな事でいっぱいでした。

なんだか読んでいる間中、気分が重くなりました。

何をどう考えればいいのか、それがまだ読み終わった後でもわからない。

でも、繰り返し、繰り返し、読んで考えていきたい、いかなければいけない、そう感じた本でした。

| もろもろ::読書 | 11:27 PM | comments (0) | trackback (0) |









http://www.okushin.co.jp/blog/okuwaki/tb.php/547

<<NEXT  PAGETOP  BACK>>