大阪のWEBシステム開発、WEB制作の奥進システム

私たちが出来ること 障がいがある人への取り組み

△ Page top

システム開発System Development

HOME > システム開発 > システム開発の流れ

システム開発の流れ

お客様に末長く使用していただけるよう、システムへのご要望をヒアリングし、構築しいます

奥進モデルシステム開発の流れ

目的

お客様と弊社の相互理解を深め、
お客様がシステムに求める機能面及び操作性のご要望を実現し、
末永く使用していただけるシステムをお客様と一緒に構築するのが目的です。

システム開発プロセス
STEP1 ヒアリング

お客様と弊社開発担当者によるヒヤリングを行います。 ヒヤリングで重要な事は、相互理解と信頼関係の構築です。
弊社開発スタッフは、お客様の業務の流れ及びシステムへのご要望などをお聞かせいただき、お客様は、システム開発についての疑問や不安など弊社開発スタッフにご質問いただきながら、ヒヤリングを重ね相互理解を深め信頼関係の構築を行います。


STEP2 システム模型製作

ヒヤリングを元に、弊社開発担当者によりシステム模型を製作いたします。システム模型製作で重要な事は、お客様にシステムのイメージをより具体的にお持ちいただく事です。
お客様に出来上がった模型で項目の確認や画面の遷移などを見ていただきながら、実際のシステムのイメージを具体化していただきます。


STEP3 仕様決定

開発するシステムの仕様を決定いたします。仕様決定で重要な事は、お客様と弊社開発スタッフが仕様をきちんと理解した上での仕様決定です。
お互いに仕様を理解するために、システムで出来る事、出来ない事を明確にし、システム導入後の運用を含めたお話をお客様と弊社スタッフで行い、仕様決定いたします。


STEP4 システム開発

決定した仕様を元に弊社開発担当者がシステム開発を行います。システム開発で重要な事は、お客様と弊社開発スタッフがお互いの状況を把握出来ている事です。
弊社開発スタッフは、お客様へシステムの開発状況をご報告させていただき、お客様には、システム導入に向けての状況をお聞かせいただきます。


STEP5 システムテスト

システム開発完了後、システムテストを行います。システムテストで重要な事は、仕様に副ったシステムが開発出来ていることを確認する事です。
弊社開発スタッフがシステムテストを行い、その後お客様にてシステムテストを行っていただきます。システムテストで発見された不具合は、直ちにプログラムの修正を行います。


STEP6 システム運用テスト

システムテイスト後、システム運用テストを行います。 運用テストで重要な事は、お客様がシステムの操作、運用に慣れる事とシステムテストで発見出来なかった不具合を発見する事です。
お客様に実際の業務環境でシステムをご使用いただきます。弊社開発スタッフは、システム操作のご説明などシステム運用テストのサポート及び発見された不具合の迅速なプログラム修正を行います。


STEP7 システム運用開始

システム運用を開始いたします。
弊社は、システム開発体制からシステム保守体制へ移行し、システムについてのご質問やご相談などの運用サポート及びサーバーメンテナンスやセキュリティーアップデートなどシステムメンテナンスを行います。

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせフォームから